人事制度コラム

人事制度コラム

  • 【森谷】第11回:マジョリティとマイノリティ(2)

    (第10回を見ていない方は、まずそちらをご覧ください)   ご支援先である建築業のB社では、専門職をマジョリティ(幹線)、管理職をマイノリティ(支線)に設定しています。   もともと、①専門職志向を持った労働者が多い業界であることに…

    続きを読む

  • 【森谷】第10回:マジョリティとマイノリティ(1)

    労働者の勤務志向が多様化するに従い、企業の人事制度も多様化しています。 2013年に実施した調査(労政時報 3847号)によると、「複線型人事制度」を設けている企業は40%を超えており、筆者が人事制度の導入を支援した企業に限れば90%を…

    続きを読む

  • 【森谷】第9回:最低賃金にご注意を(2)

    (第8回を見ていない方は、まずそちらをご覧ください)   今後の総額人件費を予測するにあたり、最低賃金の上昇が大きく影響します。前回、   非正社員全員の年間総労働時間 (1)  × 最低賃金の上昇予測額 (2)  + …

    続きを読む

  • 【森谷】第8回:最低賃金にご注意を(1)

    先日、近くの商店街を歩いていると、ふと気になることがありました。   「アルバイト募集 時給850円~」   本日時点で、京都府の最低賃金は856円です。「~」がついていますので、850円で雇用することはないと思いますが、「時給85…

    続きを読む

  • 【森谷】第7回:強い人事部の作り方(2)

    (第6回を見ていない方は、まずそちらをご覧ください)     強い人事部を作るための観点を述べてみたいと思います。   (1)人事担当者の登用 「現業部門の出身者から人事担当者を任命せよ」というのはよく聞く話です。やはり、現場を…

    続きを読む

  • 【森谷】第6回:強い人事部の作り方(1)

    人事部長が社員に恐れられていた時代も今は昔、筆者の感覚では、人事部が弱くなっている企業は多いと感じます。   人事制度構築のプロジェクトを進める場合、我々人事コンサルタントは人事部とミーティングを重ね、様々な検証を行って人事制度案を練っ…

    続きを読む

  • 【森谷】第5回:人材育成を“押し付けない”(2)

    (第4回を見ていない方は、まずそちらをご覧ください)   最近、マズローの欲求段階説は、非常によくできていると感じます。   人は、生命維持の欲求(第一段階)が満たされると、より安全な状態を求め(第二段階)、次に社会とつながっていた…

    続きを読む

  • 【森谷】第4回:人材育成を“押し付けない”(1)

    「社員の成長が会社の成長」といった理念や、「人事評価制度は人材育成のために」といった方針を掲げている会社は多いですね。   人材育成に熱心な会社の上司は、部下に「何がしたいんだ?」「将来どうなりたいんだ?」などと問いかけ、回答を求めます…

    続きを読む

  • 【森谷】第3回:求められる仕事が高度になっている

    総合職・一般職制度を設けている企業は多いと思われますが、 最近、「運用が難しくなってきた…」という声をよく耳にします。   今お手伝いしているA社でも課題となっていました。   区分を明確にするために、「総合職は、現在もしくは将来…

    続きを読む

  • 【森谷】第2回:中小企業でも人事制度は必要か?(2)

    前回は、「人事制度にどんな意味を持たせるか」について書きました。 過去に接したお客様では、以下のような目的が多かったと思います。   社長一人では見られない規模になったので、見られるようなツールを作りたい。 社長と幹部・管理…

    続きを読む