人事制度コラム

人事制度コラム

  • 【森谷】中小企業における「ジョブ型人事制度」⑥

    (前回の内容のダイジェスト) ジョブ型人事制度における報酬制度を考える際、その職種・職務の市場価値を測定するのは何とかなりそうである。 問題になるのは「配属・異動により賃金水準が変わってしまうことへの抵抗感」である。   …

    続きを読む

  • 【森谷】中小企業における「ジョブ型人事制度」⑤

    前々回は、ジョブ型人事制度の定義を確認するとともに、そのデメリットに焦点を当ててお話ししました。   そして前回は、職務記述書(ジョブディスクリプション)の側面で、いかにジョブ型人事制度を実現させるかをお話ししましたので、今回…

    続きを読む

  • 【森谷】中小企業における「ジョブ型人事制度」④

    前回は、ジョブ型人事制度の定義を確認するとともに、 そのデメリットに焦点を当ててお話ししました。 デメリットを際立たせはしたものの、筆者はジョブ型人事制度に賛成の立場です。 どのような人事制度に仕立てていくのがよいかを考えてみたいと思…

    続きを読む

  • 【森谷】中小企業における「ジョブ型人事制度」③

    日本の人事制度における等級制度には、大きく3つのパターンがあります。    ①職能資格制度…人の能力が評価・報酬の対象。能力が同じなら賃金は同じ。  ②職務等級制度…人が遂行する職務が評価・報酬の対象。職務レベルが同じなら賃金は同じ…

    続きを読む

  • 【森谷】中小企業における「ジョブ型人事制度」②

    今回はジョブ型を考察してみます。   私は人事制度を生業にしていますので、専ら「ジョブ型人事制度」という言葉をよく使いますが、一般的には「ジョブ型雇用」という言葉になろうかと思います。 多くの場合、「メンバーシップ型雇用」と…

    続きを読む

  • 【森谷】中小企業における「ジョブ型人事制度」①

    「ジョブ型」という言葉がにわかに流行しています。   新型コロナウイルス感染症の流行によりニューノーマルな働き方が求められる中、かねてからあった働き方改革の流れも相まって、テレワーク(在宅勤務 等)の必要性が高まっています。 …

    続きを読む

  • 【森谷】人事ポリシー⑧

    人材マネジメント方針について、採用、定着と代謝につては前回お話しましたので、残りについて確認してきます。   「配置」については単純で、ジョブローテーションを積極的に行うか否かの方針になります(適材適所の配置を行う、といった事…

    続きを読む

  • 【森谷】人事ポリシー⑦

    人事ポリシーの最後のテーマは、人材マネジメント方針です。 求める人材像の要件を備えた、あるいは備えうる人材を、質・量の両面で充足させるために、どのようにマネジメントを行っていくかがテーマとなります。   人材を充足させるため…

    続きを読む

  • 【森谷】人事ポリシー⑥

    求める人材像におけるスキル面の続きとなります。キーワードのみの列挙となりますが、ご留意ください。   ①テクニカル・スキル…担当業務を専門的・技術的に遂行する力    A.ポータブルスキル(汎用能力)…どんな仕事…

    続きを読む

  • 【森谷】人事ポリシー⑤

    求める人材像とは、社員が備えるべきマインド(志向・意識・考え方)やスキル(階層や職種により必要となる能力)だとお話ししました。 前回はマインド面でしたので、今回はスキル面です。   階層の観点からスキルを考えた場合、ロバー…

    続きを読む