人事制度コラム

人事制度コラム

  • 人事制度改定は企業の器量が試される

    人事制度改定の目的として意外と多いのは、  「社員の実力と賃金に乖離がある。リセットしたい」 というものです。   ・例えば、人手不足の中、自社本来の賃金水準より高い社員を採用したが、期待していた活躍はしなかった。 …

    続きを読む

  • ジョブリターン制度

    コロナ禍の令和2年に約1.18倍まで落ち込んだ有効求人倍率は、令和4年に1.23倍、令和5年3月には1.32倍にまで上昇しています。 コロナ禍の直前は、最高で1.60倍という高い数値でしたが、お客様からは「コロナ前よりも人が採れない」と…

    続きを読む

  • 賃上げの意味

    ベースアップや賃上げが世間をにぎわせています。   弊社でも、お客様を中心にアンケートを実施しましたので、ご参照ください。 https://jinji.jp/news/report/8635/   ダイジェスト…

    続きを読む

  • 【森谷】目標管理の6つの観点

    新年あけましておめでとうございます。   「一年の計は元旦にあり」 ということで、改めて目標管理について書いてみます。   私の仕事で取り扱う目標管理は、 多くの場合マネジメントツールではなく評価ツールである…

    続きを読む

  • 【森谷】《人事よもやま話》 従業員世襲制

    中小企業かつオーナー企業の多くは、社長は世襲で受け継がれていきます。 なぜでしょうか?   ・経済資本を一族に受け継がせる。その経済資本があれば幸せになれるため。 ・社長という地位があれば、有意義な人脈を構築できる可能性が…

    続きを読む

  • 【森谷】《人事よもやま話》 原則の逆張りをする

    ファヨールは、14の管理原則を提唱しました。代表的なものは、下記の通りです。   ①権限・責任一致の原則   …権限に対する責任、責任に対する権限は同等であらなければならない ②命令一元化の原則   …指揮命令系統は一つ…

    続きを読む

  • 【森谷】中小企業における「ジョブ型人事制度」⑥

    (前回の内容のダイジェスト) ジョブ型人事制度における報酬制度を考える際、その職種・職務の市場価値を測定するのは何とかなりそうである。 問題になるのは「配属・異動により賃金水準が変わってしまうことへの抵抗感」である。   …

    続きを読む

  • 【森谷】中小企業における「ジョブ型人事制度」⑤

    前々回は、ジョブ型人事制度の定義を確認するとともに、そのデメリットに焦点を当ててお話ししました。   そして前回は、職務記述書(ジョブディスクリプション)の側面で、いかにジョブ型人事制度を実現させるかをお話ししましたので、今回…

    続きを読む

  • 【森谷】中小企業における「ジョブ型人事制度」④

    前回は、ジョブ型人事制度の定義を確認するとともに、 そのデメリットに焦点を当ててお話ししました。 デメリットを際立たせはしたものの、筆者はジョブ型人事制度に賛成の立場です。 どのような人事制度に仕立てていくのがよいかを考えてみたいと思…

    続きを読む

  • 【森谷】中小企業における「ジョブ型人事制度」③

    日本の人事制度における等級制度には、大きく3つのパターンがあります。    ①職能資格制度…人の能力が評価・報酬の対象。能力が同じなら賃金は同じ。  ②職務等級制度…人が遂行する職務が評価・報酬の対象。職務レベルが同じなら賃金は同じ…

    続きを読む