人事制度のつくり方

人事制度の基本的な作り方や、サンプル・ひな形・事例などをご紹介します。

0120-370-772

人事制度コラム

人事制度ホーム > 人事制度コラム > 人材育成 > 【森谷】第21回:管理職のリーダーシップ(2)

人事制度コラム

【森谷】第21回:管理職のリーダーシップ(2)

(第20回を見ていない方は、まずそちらをご覧ください)

 

管理職の問題行動をいくつか列挙します。前回の「幼稚園で学んだこと」と対比してご確認ください。

 

③嘘はつかないでおきましょう。

管理職が部下の不信を買う典型として、「言っていることと、やっていることが違う」があります。似たような例としては、「上に対する態度と、下に対する態度が違う」でしょうか。言行一致。できていますか?

 

⑤約束を守りましょう

部下が自分にとって重要な事案について相談したのに、上司はそう認識せず「考えてみるわ」で回答し、なしのつぶてになっていませんか?こういった場合、部下から再度相談しにくいものです。

 

⑨人を“たたく”のはやめましょう。

さすがに手を出す、足を出す上司はいないと思いますが、ハラスメントに類する暴力はなくなりません。「ハラスメント」という言葉のチョイスが悪いと思います。直訳は「いやがらせ」です。

 

その他、「自分からは挨拶しない」「自分の非を認めない」「自分だけルールから外れ、例外と言い張る」など、枚挙にいとまがありません。

 

⑩みんなで楽しくお遊戯しましょう

仕事は遊びではありませんが、みんなで、楽しく仕事をしたいものです。

執筆者

森谷 克也 | 人事戦略研究所 所長

企業の成長を下支えする人事戦略の策定・活用が図れるよう、
経営計画・人事システム・人材育成を一連で考える
人事戦略コンサルタントとして実績を積んでいる。
企業支援においては、①企業風土(社風、経営理念など)を大切にすること、
②中期的視点(業界環境、管理者レベル等)を持つこと、
③そして何よりシンプルで分かりやすいことをモットーとしている。