人事制度のつくり方

人事制度の基本的な作り方や、サンプル・ひな形・事例などをご紹介します。

0120-370-772

人事制度コラム

人事制度ホーム > 人事制度コラム > 賃金制度 > 【森谷】ベースアップ

人事制度コラム

【森谷】ベースアップ

春闘が最終盤を迎えています。

昨年・一昨年と比較すると見劣りするものの、引き続きベースアップや賃上げの傾向が続いています。

その流れを意識してか、中小企業でもベースアップを行う企業がチラホラ。

 

中堅企業・中小企業が社員満足度調査を行うと、多くの場合「賃金水準への不満」が挙がります。

そして、それを見た多くの経営者は「うちもベースアップを…」という発想になりますが、果たしてそれがいいのでしょうか?

 

ここ最近でベースアップを行った顧客企業(中堅企業・中小企業)を見る限り、残念ながら社員が感じるキーワードは「満足」「感謝」ではなく、もらって「当然」です。

日頃の業務状況を踏まえると当たり前、と捉えるのでしょう。

 

何が言いたいかと申しますと、「せっかくのベースアップが活きているか」ということです。

 

社員が、自身が受取る賃金を高いと感じるか否かは、物理的な水準の問題ではなく、やっている仕事に対して「割に合うかどうか」です。

賃金以外の不満足要因が大きい場合、相当な賃上げをしない限り満足度は向上しないでしょう。現に、ベースアップをしても、社員満足度調査の「賃金水準への不満」は解消されない場合がほとんどです。

 

経営の観点で人件費を考えるなら、

「販管費の多くを占める人件費。どうせ使うなら活きるお金にしたい。」

というところだと思います。

 

例えば、100人に一律1,000円ベースアップを行い月額10万円使う方がいいのか、成果を出している10人に絞って10,000円賃上げして月額10万円を使う方がいいのか。

 

考えどころです。

執筆者

森谷 克也 | 人事戦略研究所 所長

企業の成長を下支えする人事戦略の策定・活用が図れるよう、
経営計画・人事システム・人材育成を一連で考える
人事戦略コンサルタントとして実績を積んでいる。
企業支援においては、①企業風土(社風、経営理念など)を大切にすること、
②中期的視点(業界環境、管理者レベル等)を持つこと、
③そして何よりシンプルで分かりやすいことをモットーとしている。