人事制度コラム

人事制度コラム

  • 【岸本】あえてセオリーを外す②

    (前回を見ていない方は、まず「あえてセオリーを外す①」をご覧ください) 今回は、セオリーを外す場合の留意点をお伝えします。留意点は以下の2点と考えます。   Ⅰ.セオリーは無視しない  前回のA社の事例では、セオリーを無視…

    続きを読む

  • 【岸本】あえてセオリーを外す①

    人事制度の設計に関する知識は、雑誌やネット記事、書籍で簡単に入手できる時代になりました。雑誌やネット記事、書籍には、人事制度作りの“セオリー”が書かれていますが、実際のコンサルティングの場面では、あえてセオリーを外した解決策をとることもあり…

    続きを読む

  • 【森谷】人事制度の見える化(2)

    (前回を見ていない方は、まず「人事制度の見える化(1)」をご覧ください)   (3) 人事ポリシー(人事方針)が浸透していない場合 最も問題になりやすいパターンがこれです。   例えば、貴社は「なぜ家族手当を支…

    続きを読む

  • 【森谷】人事制度の見える化(1)

    人事制度構築に関するご依頼について共通しているのは、「人事制度をオープンにし、社員に見えるようにしたい」というものです。   評価基準や賃金制度をオープンにしないなら、社長や役員が自分たちの主観で評価し、それに合わせて賃金を決…

    続きを読む

  • 【岸本】人事制度は不平等である

    人事制度は不平等な仕組みです。 なぜなら、  ・評価が良い人、悪い人  ・昇格が速い人、遅い人  ・手当がもらえる人、もらえない人 …etc. といった具合に、社員の明暗を分けてしまうことが避けられないからです。 どれだけ頑張っ…

    続きを読む

  • 【森谷】第15回:大企業と中小企業

    大企業と中小企業の人事制度は、在り方が少し違うと考えています。ここでの大企業・中小企業の定義は、単純に従業員規模だとお考えください。   賃金制度においての違いは、前回(第14回ご参照)述べたことも絡みます。 個別対応や特別待遇が多く…

    続きを読む

  • 【森谷】第14回:人事制度の“見える化”と“見えない化”

    人事制度を作る際のポイントとして、「オープン」「シンプル」というキーワードがあります。 できる限り「オープン」にして公正さを追求し、そのためには「シンプル」でなければ社員は理解できない、という理屈かと思います。 人事制度の“見える化”で…

    続きを読む

  • 【森谷】第11回:マジョリティとマイノリティ(2)

    (第10回を見ていない方は、まずそちらをご覧ください)   ご支援先である建築業のB社では、専門職をマジョリティ(幹線)、管理職をマイノリティ(支線)に設定しています。   もともと、①専門職志向を持った労働者が多い業界であることに…

    続きを読む

  • 【森谷】第10回:マジョリティとマイノリティ(1)

    労働者の勤務志向が多様化するに従い、企業の人事制度も多様化しています。 2013年に実施した調査(労政時報 3847号)によると、「複線型人事制度」を設けている企業は40%を超えており、筆者が人事制度の導入を支援した企業に限れば90%を…

    続きを読む

  • 【森谷】第3回:求められる仕事が高度になっている

    総合職・一般職制度を設けている企業は多いと思われますが、 最近、「運用が難しくなってきた…」という声をよく耳にします。   今お手伝いしているA社でも課題となっていました。   区分を明確にするために、「総合職は、現在もしくは将来…

    続きを読む