人事制度のつくり方

人事制度の基本的な作り方や、サンプル・ひな形・事例などをご紹介します。

0120-370-772

人事制度コラム

人事制度コラム

【森谷】1日10分で

タイトルが何を示すか。ピンと来た方は人事通かもしれません。

 

年間の労働時間は約2,085時間です。

365日÷7日=52.14週 → 52.14週×40時間=2,085時間)

 

有給5日は計40時間ですので、年間2,085時間に占める割合は約2%となり、1日あたりに換算すると10分となります。

つまり、有給を5日消化するには、110分を短縮すればよいという計算です。

 

大企業と違い、中小企業で5日を消化するのは難しいという声を耳にします。

様々な業種・業態をご支援していますので、一概にそうは言えないというのは十分に認識しつつ、110分ならいけそうです。

 

改めてになりますが、この41日より、年次有給休暇の取得義務化がスタートしました。

 

ポイントのみ記載すると、

・年間5日以上の有給を取得させなければならない

・対象は、年10日以上の有給が付与される従業員

5日は、会社が時季を指定して取得させることができる

5日は、いわゆる半日有給を積み重ねても可。しかし、時間単位有給を積み重ねるのは不可

・違反した場合、従業員1人あたり30万円以下の罰金

・施行にあたり、中小企業に対する猶予期間はなし(全企業が対象)

といったところでしょうか。

 

例えば、全く有給を取得しない従業員Aさんを想定します。

40時間を誰かが肩代わりすれば取得できます。

仮に残業単価2,500円の人がカバーすると考えると、

40時間×2,500円=10万円

となりますので、罰金30万円よりもかなり安くつきます(30万円はあくまで最大値ですが)。

半日有給を10回取得してもらう代わりに、誰かが少し残業すれば現有人員でカバーできそうです。

 

パーキンソンの法則をご存知でしょうか?

「仕事の量は、完成のために与えられた時間をすべて満たすまで膨張する」というものです。

いつも20時に退社する社員は、1日の仕事量に関わらず20時を目途に段取りを組みますので、例え仕事量が少なくても退社は20時です。ただし、久しぶりに友人が帰省する等で、18:30に会う約束があると、いつもの仕事が何故か18時に完了するのは不思議な現象です。

 

有給取得や残業規制について、「達成するつもりで取り掛かる」のと、「最初から難しいと思って取り掛かる」のでは、結果に差がでて当然です。

いかに「出来そうだ」と思わせるか。追求してみてはいかがでしょうか。

執筆者

森谷 克也 | 人事戦略研究所 所長

企業の成長を下支えする人事戦略の策定・活用が図れるよう、
経営計画・人事システム・人材育成を一連で考える
人事戦略コンサルタントとして実績を積んでいる。
企業支援においては、①企業風土(社風、経営理念など)を大切にすること、
②中期的視点(業界環境、管理者レベル等)を持つこと、
③そして何よりシンプルで分かりやすいことをモットーとしている。