人事制度のつくり方

人事制度の基本的な作り方や、サンプル・ひな形・事例などをご紹介します。

0120-370-772

人事制度コラム

人事制度ホーム > 人事制度コラム > 人事制度全般 > 【森谷】人事ポリシー②

人事制度コラム

【森谷】人事ポリシー②

人事ポリシーは、以下の要素・順番で整理すればよいと考えています。

 

(1) 人事理念
人事ポリシーにおける最上位概念です。
経営理念の人事版だと思っていただければ分かり易いと思います。
経営理念が経営や社員の判断軸だとすれば、人事理念は会社が社員にどう向き合うかの判断軸と言えます。

 

(2) 求める人材像
社員が備えるべきマインドとスキルです。
マインドは、志向・意識・考え方などで、スキルは知識・技術などです。
これは、階層や職種により異なりますので、複数の定義が必要です。

 

(3) 人材マネジメント方針
「採用」「定着」「配置」「育成」「代謝(退社)」に「外注」を加え、5+1領域で考えます。
各領域は、求める人材像により方針が異なりますので、求める人材像の定義ごとに検討します。

 

これらは、外部環境(景気、勤務志向など)や内部環境(経営方針、年齢構成など)により変化しますので、定期的に見直す必要があります。

この人事ポリシーを前提として、人事諸制度が設計でき、行動規範が言語化でき、要員計画が立案できるようになります。

 

追って解説させていただきます。

(次回に続く)

執筆者

森谷 克也 | 人事戦略研究所 執行役員

企業の成長を下支えする人事戦略の策定・活用が図れるよう、
経営計画・人事システム・人材育成を一連で考える
人事戦略コンサルタントとして実績を積んでいる。
企業支援においては、①企業風土(社風、経営理念など)を大切にすること、
②中期的視点(業界環境、管理者レベル等)を持つこと、
③そして何よりシンプルで分かりやすいことをモットーとしている。