人事制度のつくり方

人事制度の基本的な作り方や、サンプル・ひな形・事例などをご紹介します。

0120-370-772

人事制度コラム

人事制度ホーム > 人事制度コラム > 人材育成 > 【森谷】第18回:中小企業の教育体系(1)

人事制度コラム

【森谷】第18回:中小企業の教育体系(1)

「教育体系づくりの支援をしてもらえないか」というご相談があります。

階層別・職種別にプログラムを組み、昇格や異動が発生すると特定の研修を受ける仕組み、といった大企業でのイメージです。

 

せっかくのお話しなんですが、単にOff-JTを中心とした研修体系を組むだけならば、お手伝いするまでもありません。

お考えの企業様があれば、試しに「教育体系」と打って画像検索してみて下さい。

色々な会社の教育体系が出てきますので、それを参考にしてたたき台を作り、何社かの研修会社を呼んで費用対効果の高そうなプログラムを選定すればよろしいかと思います。

 

しかし、中小企業で教育体系(研修体系)を動かすのは難しく、例えば評価者研修ひとつとっても、毎年一定数が確実に管理職に昇進する訳ではありませんので、体系が必要かというとそうではありません。

 

では、中小企業の教育体系はどうあるべきでしょうか。

次回に掘り下げたいと思います。

 

(第19回に続きます)

執筆者

森谷 克也 | 人事戦略研究所 所長

企業の成長を下支えする人事戦略の策定・活用が図れるよう、
経営計画・人事システム・人材育成を一連で考える
人事戦略コンサルタントとして実績を積んでいる。
企業支援においては、①企業風土(社風、経営理念など)を大切にすること、
②中期的視点(業界環境、管理者レベル等)を持つこと、
③そして何よりシンプルで分かりやすいことをモットーとしている。