人事制度のつくり方

人事制度の基本的な作り方や、サンプル・ひな形・事例などをご紹介します。

0120-370-772

人事制度コラム

人事制度ホーム > 人事制度コラム > パート、アルバイト > 【森谷】第8回:最低賃金にご注意を(1)

人事制度コラム

【森谷】第8回:最低賃金にご注意を(1)

先日、近くの商店街を歩いていると、ふと気になることがありました。

 

「アルバイト募集 時給850円~」

 

本日時点で、京都府の最低賃金は856円です。「~」がついていますので、850円で雇用することはないと思いますが、「時給856円~」と記載されているお店も多いことを考えると、最低賃金の認識がないのだと思われます。

 

個人商店でない大企業・中小企業では、こういったことはないと思います。

ただし、今後の最低賃金の上昇まで加味しているかというと、そこまで考えることは出来ていないようです。

以下、今後の人件費上昇を予測するにあたり、計算してみて下さい。

 

非正社員全員の年間総労働時間

×

最低賃金の上昇予測額

法定福利費の上昇額

 

解説は次回とさせていただきます。

執筆者

森谷 克也 | 人事戦略研究所 所長

企業の成長を下支えする人事戦略の策定・活用が図れるよう、
経営計画・人事システム・人材育成を一連で考える
人事戦略コンサルタントとして実績を積んでいる。
企業支援においては、①企業風土(社風、経営理念など)を大切にすること、
②中期的視点(業界環境、管理者レベル等)を持つこと、
③そして何よりシンプルで分かりやすいことをモットーとしている。