人事制度のつくり方

人事制度の基本的な作り方や、サンプル・ひな形・事例などをご紹介します。

0120-370-772

人事制度コラム

人事制度ホーム > 人事制度コラム > その他 > 【森谷】第6回:強い人事部の作り方(1)

人事制度コラム

【森谷】第6回:強い人事部の作り方(1)

人事部長が社員に恐れられていた時代も今は昔、筆者の感覚では、人事部が弱くなっている企業は多いと感じます。

 

人事制度構築のプロジェクトを進める場合、我々人事コンサルタントは人事部とミーティングを重ね、様々な検証を行って人事制度案を練っていきます。しかし、

・経営陣

・花形部門(営業部門や開発部門など)

・労働組合

などとの調整が難航し、なかなか意思決定ができず、ずるずると導入が遅れてしまうことがあります。

 

労働組合は、企業ごとに様々な成り立ち・カラーがありますので致し方ない場合も多くあります。しかし、経営陣・花形部門との調整ができないのは、人事部が弱いからだと言えるでしょう。

 

よくある問題パターンは、

・経営陣や現場が認識している問題と、人事部の問題意識が違う

・人事部が考える「理屈」が小難しく、経営陣や現場が理解しづらい

・単に、説得力がない

といったところでしょうか。

 

人事部は、①マーケティング戦略や営業戦略を受けて、②限りある人件費の中で、③戦略実現に耐えうる組織(人の質・量、組織構造など)をつくる、非常に重要な部署です。

 

貴社の人事部は、機能しているでしょうか?

執筆者

森谷 克也 | 人事戦略研究所 所長

企業の成長を下支えする人事戦略の策定・活用が図れるよう、
経営計画・人事システム・人材育成を一連で考える
人事戦略コンサルタントとして実績を積んでいる。
企業支援においては、①企業風土(社風、経営理念など)を大切にすること、
②中期的視点(業界環境、管理者レベル等)を持つこと、
③そして何よりシンプルで分かりやすいことをモットーとしている。