人事制度のつくり方

人事制度の基本的な作り方や、サンプル・ひな形・事例などをご紹介します。

0120-370-772

人事制度コラム

人事制度ホーム > 人事制度コラム > その他 > 【富森】コロナ禍における社員の「なんとなく調子悪い」に気付く

人事制度コラム

【富森】コロナ禍における社員の「なんとなく調子悪い」に気付く

巷間で「コロナ鬱」という言葉をよく耳にします。鬱といっても、診断名としてのうつ病ではなく、コロナ禍にともなう様々なメンタル不調を(軽度のものも含めて)広く指しているようです。このような不調 ―― 「なんとなく調子悪い」の増加傾向は、働く人の間でも例外ではありません。一橋大学が全国314社の人事担当者を対象に行った調査によると(*1)、約60%の企業が「仕事上のストレスを抱える従業員が増えた」と回答しています。

 

■ 「なんとなく調子悪い」が会社に及ぼす影響は大きい

社員のメンタル不調が会社に及ぼす影響というと、例えば「休職・退職してしまう」「労災が発生してしまう」といった破局的な事態がイメージされるかもしれません。しかし、当然その前段階で何らかの悪影響が発生しているはずです。
心身不調が原因で休職している状態をアブセンティーズムといいます。この状態では、担当者不在や人員不足による業務の停滞が起こります。一方、心身不調を抱えながら仕事を続けている状態をプレゼンティーズムといいます。この状態では、生産性の低下やミスの増加が起こります。
厚生労働省によると(*2)、これらの悪影響による健康関連総コスト(企業が蒙る損失金額)のうち、アブセンティーズムが占める割合は約4%にすぎません。一方、プレゼンティーズムが占める割合は約78%にのぼります(なお、他を医療費・労災補償等が占めます)。
したがって、事業運営においては、プレゼンティーズム ―― 「調子が悪くて生産性が上がらない」を軽減することが重要になります。最も避けなければならないのは、不調のまま仕事を続けた結果、限界を超えてしまい休職・退職に至るパターンです。そうなる前に、早めに気づいてケアする必要があります。

 

■ 状態の変化に気付くためには常態を把握する

コロナ禍に伴う就業環境の変化によって、社員は無意識のうちに未経験のストレスに晒されています。ストレスによって心身に様々な反応が出ますが(図1)、これらが「なんとなく調子悪い」という感覚に現れていると考えられます。まずは、各種の心身不調を観察・把握して、ストレスがかかっていると気付いてあげることが重要です。

 

 

ストレス反応(やそれによる生産性低下)に気付くためには「普段の様子・・・常態」からの逸脱を「普段と違う・・・状態の変化」として捉えるのがポイントです。例えば、声が小さい・表情が暗い・服装が乱れている・・・といった様子から、何か不調が起きていると知ることができます。

ただし、コロナ禍に伴うテレワークの増加によって、日々顔を合わせて社員の様子(常態・状態)を把握するのが難しくなっています。そのため、例えばオンラインで定期的に1on1ミーティングを実施するなど、意識的に定点観測の機会を設けることが有効です。(オンライン1on1ミーティングについては、過去記事もご参照ください。https://jinji-seido.jp/column/1773/

一方、社員の仕事ぶりについては、コロナ禍・テレワークとは関係なく日頃から観察できるはずです。例えば、メールへのレスポンスの速さ・提出物のタイミング・会議での発言量・・・といった様子からも、生産性やモチベーションの変化を知ることができます。

Withコロナの就業環境においては、これまで以上に日頃の仕事ぶりをよく観察することに加え、定期的に心身の状態を把握する機会を設けることで、社員の「なんとなく調子悪い」にいち早く気づき、対策を打つことが可能になると言えます。

 

【出典】

*1:新型コロナウィルス感染症への組織対応に関する緊急調査:第一報 (原ほか, 2020

http://pubs.iir.hit-u.ac.jp/admin/ja/pdfs/show/2390

 

*2:データヘルス・健康経営を推進するためのコラボヘルスガイドライン(厚生労働省, 2017

https://www.mhlw.go.jp/file/04-Houdouhappyou-12401000-Hokenkyoku-Soumuka/0000171483.pdf

 

 

執筆者

富森 大地 | 人事戦略研究所 コンサルタント

大学院では農学を専攻。学業の傍ら、学習塾で中高生を対象とした個別・集団指導を6年間勤め、人が変わる瞬間に関わる喜びを知る。一度は教師を志し、教員免許を取得するも、「人を育て、人を活かす」仕事がしたいという思いから新経営サービスに入社。人事制度構築・運用のコンサルティング業務に携わりながら、単なる枠組み作りだけでなく、そこに収まる一人ひとりの笑顔も作り出せるようなコンサルタントを目指して、日々修行中。