人事制度のつくり方

人事制度の基本的な作り方や、サンプル・ひな形・事例などをご紹介します。

0120-370-772

書籍紹介

人事制度ホーム > 書籍紹介 > 9割の会社が人事評価制度で失敗する理由

書籍紹介

9割の会社が人事評価制度で失敗する理由

著者:株式会社新経営サービス 人事戦略研究所 森中謙介
出版社:あさ出版
定価:1,500円(税別)

Amazonで購入する ≫

著者が手がけた数社の実例をもとに、本書は中小企業での制度設計・運用の実際をドラマ形式で紹介。
ストーリーのなかで経営者、人事担当者に、中小企業が人事制度で失敗する背景と具体的な理由(本書では主に5つの理由)を示し、どうすれば適切な制度の導入と運用ができるかを示す。


 

本書の構成

【ケース1】猛獣の逆襲
人事評価制度は人を支配する鞭にはならない

・企業統治に自信のない経営者が権力維持ツールとして導入し大失敗
 (地方スーパーマーケット)

 

【ケース2】溺れる社長がつかんだ間違った藁
人事評価制度の設計はプロのノウハウ
・社外専門家の言いなりで、矛盾のある制度に社内幹部から突き上げをくらい、
・社長がノイローゼになった事例(自動車メーカー関連の金属部品製造業)

 

【ケース3】「人間力」を物差しに
社員を育てて会社を伸ばすための制度導入
・事業承継に向け制度を導入・見直しした例(創業30年のシステム開発会社)

 

【ケース4】続ける覚悟が変えた風土
高邁な理念を掲げた若社長に襲いかかったのは身内
・地場の老舗企業が新時代に対応するために導入した例
 (地方中核都市にある建設工事・解体業)

 

【ケース5】人を育て組織を変えたプロ経営者の仕事
人事制度設計とは仕事の無駄の見直し
・評価制度を軸に会社の生産性向上と社員のモチベーションアップを狙う、
・経営再建中の企業例(温泉旅館)

 

【ケース6】個人プレーからチームプレーへ
人事評価制度が変えた企業の闘い方
・スター販売員頼りから脱却し、組織全体の力で
・「着物の魅力」を発信するスタイルへ変革(和服販売業)

 

<まとめ>自社の理想像を人事評価制度で実現する