人事制度のつくり方

人事制度の基本的な作り方や、サンプル・ひな形・事例などをご紹介します。

0120-370-772

人事セミナー

人事制度ホーム > 人事セミナー > WEBセミナー > 安易な制度変更は危険!テレワーク導入に伴う人事評価制度のあるべき姿

WEBセミナー

安易な制度変更は危険!テレワーク導入に伴う人事評価制度のあるべき姿

終了しました

コロナウイルス拡大の影響により、テレワークの導入が進んでいます。
それに伴い、人事評価制度の見直しを検討される企業が増えています。
しかしながら、「テレワークを導入したから」というだけの理由で、安易に制度変更を行うことは危険です。

本セミナーでは、テレワークを導入済みあるいは導入を検討中の企業様向けに、
「テレワークの導入による制度変更の必要性の有無」「テレワーク下における評価制度のあるべき姿」「制度運用におけるコツ」をお伝えします。

内容

1.「テレワークの導入」は制度変更の理由となりうるか?

2.人事担当者が陥りがちな「テレワーク」と「評価」に関する落とし穴

3.テレワークの導入を理由として、安易にプロセス評価をやめることの危険性

4.今だからこそ振り返るべし!自社がプロセス評価を行ってきた理由

5.「テレワーク下ではプロセスが把握できない」のウソとホント

6.テレワーク下でプロセスを把握するために押さえるべきポイント

7.「評価者」と「被評価者」に求められるテレワーク下でのマインド

配信期間 2020年10月01日(木)~2020年10月15日(木)
講師 小田原 豪司
視聴時間 約40分
参加費用 無料

※アクセスが集中すると表示が遅くなる場合がございます。表示が遅い場合は時間をおいてからお試しください。

講師

小田原 豪司 | 人事戦略研究所 シニアコンサルタント

大学で経営学全般を学ぶなか、特に中小企業の「ヒトの問題」に疑問を感じ、新経営サービスの門をたたく。
「企業の目的達成のための人事制度策定」「人事制度は活用が命」をモットーに、各社の課題を踏まえた丁寧かつ実態に則したコンサルティング支援を行っている。「現場でつかえる人事制度の策定」に定評がある。